審査でのポイント

審査でのポイント

カードローンに申し込みを行うと、審査があります。これは必ず行われることで、この審査を行わないという会社は疑った方が良いです。
審査をすることによって、お金を貸しても大丈夫な人物か、返済してもらえる人かどうかということを調べます。この審査に通らないことにはカードローンでの借り入れを行うことはできませんのでご注意ください。つまり、カードローンを利用するにあたってとても重要なことなのです。

 

審査内容は会社によっても異なります。更に一般には審査内容は公開されていませんし、審査が終わって通っても通らなくても、審査の内容を教えてもらうことはできません。つまり審査の内容はどこの会社も完全に非公開という事です。
これは、審査の内容を知って、借り入れを行うためにわざと規定に合うような嘘を書いて申し込むという利用者をなくすためです。

 

しかし、何を審査されるのか全く分からないという事ではありません。審査では、きちんと返済が出来るだけの能力と信頼があるかどうかの確認を行うものですので、それがきちんと確認できる人物であれば大丈夫です。

 

審査のポイントとしては

 

1.年齢

カードローンには年齢制限があります。基本的に20歳以上から、60歳〜70歳までとなっています。20代〜30代辺りが働き盛りできちんと会社に勤めている人が多いので、この辺りの年齢の方は自然と信頼度が高くなると言われています。逆に、高齢になってしまうと、仕事を辞めてしまっていたり、定年などで辞めている方も多く、収入に不安があるかもしれないとされて信頼度が低くなってしまうかもしれないです。

 

2.年収

これは大きな審査ポイントです。年収がどれだけあるか。これは後に「いくら借りることが出来るか」ということにも繋がりますので、とても重要です。何年間同じ勤務先で働いているかも重要です。この年収で○年間という事が分かれば、安定した収入があると判断され、信頼度はかなり高くなるとされています。

 

3.住所・電話番号

きちんと住まいはあるか、電話をしても繋がるか。電話をしても繋がらない方は、本当にそこに住んでいるのかと疑われてしまい、嘘を書かれたと判断されてしまう可能性もあります。携帯電話の番号を書く方もいますが、在宅確認が行われる可能性もありますので、電話番号を書く際は自宅の電話番号を書きましょう。

 

以上のことに気を付けていれば、審査で大きなトラブルはあまり起こらないと考えてもいいでしょう。最後に、書き間違いや打ち間違いなどは絶対にないようにしましょう。
実はこの審査、落ちてしまう人の大半は「書き間違い」なんです。住所の番地を間違えて書いてしまったり、1つ欄を忘れて飛ばして書いてしまい、それが原因で審査に通らなかった方がとても多いんです。
そんなことで自分の信用情報に傷をつけない様に、注意してくださいね。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類