繰り上げ返済

繰り上げ返済

カードローンでお金を借りたら、その後は返済を行わなければなりません。借りたお金は返す。当然ですよね。

 

しかし、月に決められた金額を返済しますが、その中に利息分も含まれています。利息分として返済した分は、元金(借り入れた金額の残高)からはマイナスされません。
つまりどういうことかというと、10万円を借り入れていたとして、毎月1万円ずつ返済を行うことします。そして、利息分が5000円だとすると、毎月1万円返済していたとしても、残高から減らされるのは5000円ということです。つまり、利息がなければ10か月返済すれば終わるところを、20か月かかってしまうという事です。そして、借り入れた金額は10万円なのに、利息分も含めて20万円の返済をしなければならないという事です。
これはとても極端に説明してしまいましたが、簡単に言ってしまうとこういうことです。
正直、こんなに長い間しかも元金よりも高い金額を払い続けたくないですよね。利息は返済しなければカードローンの会社側の儲けにならないと分かっていても、払いたくはないものです…。

 

ですので、そういった方は「繰り上げ返済」を利用してみましょう。
繰り上げ返済とは、決められた金額以上の返済を行うことです。この時、決められた金額以上分の金額は利息がかからず、すべて元金から減らされます。ですので、手っ取り早く返済を済ましたい方はこの繰り上げ返済を利用してみましょう。

 

繰り上げ返済には2種類あり、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類です。
「期間短縮型」は、月々の返済額は減らさずに元金を減らして、返済をする期間を短くするもの。「返済額軽減型」は、返済期間を変えずに月々の返済額を少なくするというものです。
どちらが有利かといわれると、やはり前者の「期間短縮型」でしょう。カードローンの返済はすぐ終わらせてしまうに限ります。利息のこと等を考えると、早くすましてしまった方がお得ですし、なによりも借金なわけですし早く返したいですよね。

 

早期返済の為にも、繰り上げ返済を利用してみましょう。


HOME 人気のカードローン 銀行系カードローン 消費者金融系カードローン 借りるまでの流れ 必要書類